薬剤師の年収、給料、時給!正社員、パート、病院、薬局、企業で異なる!

薬剤師の年収、給料、時給!正社員、パート、病院、薬局、企業で異なる!

内服薬

薬剤師の年収ってどれくらいかご存知ですか?

薬剤師って給料が高いイメージがありますが、男性、女性、正社員、パート、勤務する職場(公務員、大学病院、病院、調剤薬局、製薬会社、ドラッグストア)によっても大きく異なります。

薬剤師の年収、給料、時給、平均年収、生涯年収、退職金について正社員、パート、職場で比較しながら徹底解説したいと思います!

薬剤師の給料、年収の相場はどれくらい?

SPONSORED LINK

薬剤師の給料、年収の相場について見てみましょう。

ここでは、正社員の給料、年収の相場を見てみることにします。

薬剤師の年収は、勤務する都道府県、勤務する場所(公務員、大学病院、病院、調剤薬局、ドラッグストアなど)によっても大きく異なります。

給料の相場はおよそ【25万円~50万円】、年収の相場はおよそ【300万円~1000万円以上】となっております。

 

薬剤師の平均年収はどれくらい?

全国の薬剤師の平均年収を見てみましょう。

平成28年度版(最新)の厚生労働省の賃金構造基本統計調査によりますと、薬剤師の平均年収は以下の通りとなっております。

薬剤師の平均年収(10人以上):5,149,000円

企業規模別の平均年収

平成28年度版(最新)の厚生労働省の賃金構造基本統計調査によりますと、企業規模別の薬剤師の平均年収は以下の通りとなっております。

①1,000人以上:4,913,900円

②100~999人:5,029,600円

③10~99人:5,916,600円

企業の規模別で見ると、1,000人以上の大企業よりも、10人~99人規模の中小企業の方が平均年収が高い傾向にあります。

 

薬剤師の年齢別平均年収はどれくらい?

薬剤師の年齢別の平均年収はどれくらいなのか見てみましょう。

平成28年度版(最新)の厚生労働省の賃金構造基本統計調査によりますと、企業規模計10人以上に勤務する年齢別の薬剤師の平均年収は以下の通りとなっております。

①20歳~24歳:3,233,200円

②25歳~29歳:4,555,900円

③30歳~34歳:5,533,000円

④35歳~39歳:6,250,300円

⑤40歳~44歳:6,779,300円

⑥45歳~49歳:7,707,600円

⑦50歳~54歳:6,926,500円

⑧55歳~59歳:6,906,400円

⑨60歳~64歳:5,994,400円

⑩65歳~69歳:4,510,800円

⑪70歳~  :3,925,600円

薬剤師の年収は、45歳~49歳でピークを迎えます。

驚くべきことに、薬剤師は70歳以上でも働こうと思えば企業に勤務出来るということです。

しかも、70歳以上でも普通のサラリーマン程度年収があるということが言えます。

 

薬剤師の生涯年収はどれくらい?

薬剤師の生涯年収ってどれくらいなのでしょうか?

60歳で定年退職するのを前提にして、想定される生涯年収は以下の通りです。

薬剤師の生涯年収(60歳定年):2億3千8百99万円+退職金=【2億4千万円~2億6千万円】

ということになります。

ただし、あくまでも平均で考えての数値です。

生涯年収がもっと高い人もいれば、低い人も当然います。

 

薬剤師の退職金の相場は?

薬剤師の退職金の相場っていくらくらいなのでしょうか?

それは、勤めている企業により全然違うと言われております。

しかし、退職金に関しては、企業の規模が大きければ大きいほど高いということが言えます。

企業規模が10人以下、もしくは10人~100人程度の企業では、その会社のトップ(社長、あるいは理事長など)に決定権がありますので、采配一つです。

定年を迎えても退職金が無い職場もあれば、1,000万円もらえる職場もあります。

会社の規模がそれ以上だと、一般に大学卒業から定年まで勤めたとして1,000万円程度です。

大企業になると、企業の規定にもよりますが、約2,000万円~4,000万円程度です。

公務員、大学病院は規定で定められておりますが、約2,000万円程度です。

 

正社員の給料、年収

薬剤師

ここで、薬剤師の正社員の給料、年収について見てみましょう。

薬剤師の正社員の給料、年収につきましてはバラつきがありますが【月給20万円~50万円程度】、【年収300万円~700万円程度】です。

ほとんどの場合が、それにボーナスが加わりますが、ボーナスの相場は『基本給×3~4ヵ月』です。

年齢、経験、企業(職場)によっても大きく異なります。

正社員は、定期的に昇給も見込めますので最初は給料が低くても後は上がって行きます

 

パートの時給、給料、年収

薬剤師のパートの時給、給料、年収について見てみます。

薬剤師のパートの時給は、【時給1,800円~3,000円程度】です。

パートですので、働く時間、日数が多ければ多いほど当然年収も上がって行きます。

勤務時間は『3時間~7時間程度』、勤務日数は『3日~5日程度』です。

1日3時間勤務したとしても、給料は日給5,400円です。

年収に換算すると、【年収844,700円~5,000,000円程度】です。

退職金については基本的には支給されません。

パートの時給は高い!

扶養の範囲で働きたい女性にとっては薬剤師の高額な時給はありがたいと言えます。

さらにすごいのは、パートで年収5,000,000円も可能だと言うことです。

私の周りには、実際に某企業でパート勤務で年収5,000,000円くらいもらっている方がいます!

もはや、パートではない...。

 

新卒の初任給、年収

薬剤師の新卒で入社した時の初任給、1年目の年収ってどれくらいなのでしょうか?

もちろん働く職場(企業)によって違いがありますが、相場は以下の通りです。

【薬剤師の新卒の給料:月給300,000円~400,000円】

【薬剤師の新卒の年収:年収3,500,000円~6,000,000円】

驚くことに、新卒でも月給500,000円、年収6,000,000円の職場も中にはあります。

基本給が約250,000円程度で、諸手当を40,000円~100,000円支給する職場が多いようです。

 

公務員の給料、年収

公務員の薬剤師の給料、年収について見ていきましょう。

公務員の薬剤師の給料、年収は国家公務員、地方公務員で異なります。

また、地方公務員は地域により給料が異なります。

ポイントは、公務員なので必ずボーナスが出るということと、諸手当(待遇)が手厚いことです。

公務員の薬剤師の給料、年収の相場は以下の通りです。

【公務員薬剤師の給料:月給176,700円+諸手当~500,000円】

【公務員薬剤師の年収:年収3,000,000円~8,000,000円】

となっております。

初任給は民間企業に比べると低い傾向にありますが、定期的な昇給があることもポイントです。

 

大学病院の給料、年収

大学病院の薬剤師の給料、年収について見ていきましょう。

大学病院の薬剤師の給料、年収は公務員にほぼ近いことが言えます。

ただし、初任給が高い傾向にあります。

加えて、定期的な昇給、ボーナスも見込めます。

大学病院の薬剤師の給料、年収の相場は以下の通りです。

【大学病院薬剤師の給料:月給200,000円+諸手当~500,000円】

【大学病院薬剤師の年収:年収3,500,000円~8,000,000円】

となっております。

 

病院(民間)の年収、給料明細

民間病院の薬剤師の給料、年収について見いきます。

民間病院の薬剤師の給料、年収は初任給は割と高い傾向にあるのですが、昇給がそこまで望めず、年収の頭打ちが早い傾向にあります。

規模の小さな病院であれば、公務員、大手民間企業に比べて退職金の支給額は、はるかに低い傾向と言っても良いでしょう。

民間病院の薬剤師の給料、年収の相場は以下の通りです。

【民間病院薬剤師の給料:月給250,000円+諸手当~500,000円】

【民間病院薬剤師の年収:年収4,000,000円~6,000,000円】

となっております。

病院の薬剤師の給料明細、ボーナス、年収モデル

ある総合病院(800人規模)の薬剤師の給料明細(例)、年収モデルについて見てみましょう。

①月給

基本給、手当 金額
基本給 238,000
職種手当 50,000
資格手当 50,000
扶養手当 7,000
通勤手当 10,000
残業手当 0
総支給額 335,000

②ボーナス

年間で(基本給+職種手当+資格手当)の3.5ヵ月支給:338,000円×3.5ヵ月=1,183,000円

③年収モデル

年収モデル:月給355000円×12ヵ月+年間ボーナス1,183,000=5,443,000円

 

調剤薬局の年収、給料明細

調剤薬局の薬剤師の給料、年収について見いきます。

調剤薬局の薬剤師の給料、年収は初任給はかなり高い傾向にあるのですが、昇給はほとんど望めず、年俸制で支給する職場が多い傾向にあります。

公務員、大手民間企業に比べて退職金の支給額ははるかに低い傾向にあると言っても良いでしょう。

調剤薬局の薬剤師の給料、年収の相場は以下の通りです。

【調剤薬局薬剤師の給料:月給350,000円~550,000円】

【民間病院薬剤師の年収:年収4,200,000円~6,600,000円】

となっております。

調剤薬局の薬剤師の給料明細、ボーナス、年収モデル

ある調剤薬局(200人規模)の薬剤師の給料明細(例)、年収モデルについて見てみましょう。

①月給

基本給、手当 金額
基本給 450,000
総支給額 450,000

②ボーナス

年俸制で支給されるため、ボーナスは無い職場が多いようです。

③年収モデル

年収モデル:月給450,000円×12ヵ月=5,400,000円

製薬会社の年収、給料明細

製薬会社の薬剤師の給料、年収について見いきます。

製薬会社の薬剤師の給料、年収は初任給は民間病院とさほど変わらない傾向にあるのですが、定期的な昇給が期待出来ます。

ボーナスも、年間で5.0ヵ月以上の企業が多くあります。

年俸制で支給する企業もあり、キャリアがあれば年収1,000万円を超える企業も中にはあります。

大企業になれば、公務員に比べても退職金はそれ以上の額が望めます。

薬剤師の給料、年収に関しては一番高いのが製薬会社であると言えます。

福利厚生も公務員並みか、それ以上に充実しています。

製薬会社の薬剤師の給料、年収の相場は以下の通りです。

【製薬会社薬剤師の給料:月給250,000円+諸手当~600,000円+諸手当】

【製薬会社薬剤師の年収:年収4,000,000円~12,000,000円】

となっております。

製薬会社の薬剤師の給料明細、ボーナス、年収モデル

ある製薬会社(大企業)の薬剤師の給料明細(例)、年収モデルについて見てみましょう。

①月給

基本給、手当 金額
基本給 446,000
資格手当 30,000
扶養手当 12,000
通勤手当 30,000
残業手当 50000
総支給額 568,000

②ボーナス

年間で(基本給+資格手当)の6.0ヵ月支給:2856000円×6.0ヵ月=2,856,000円

③年収モデル

年収モデル:月給568,000円×12ヵ月+年間ボーナス2,856,000円=9,672,000円

 

ドラッグストアの年収、給料明細

ドラッグストアの薬剤師の給料、年収について見いきます。

ドラッグストアの薬剤師の給料、年収は初任給は病院と同じくらいの傾向にあります。

定期的な昇給もあり、年収も上がって行きますが大手ドラッグストアでも年収7,000,000円ほどで頭打ちとなります。

公務員に比べて退職金の支給額は、同等か、それより低い傾向にあると言っても良いでしょう。

ドラッグストアの薬剤師の給料、年収の相場は以下の通りです。

【ドラッグストア薬剤師の給料:月給230,000円+諸手当~400,000円+諸手当】

【ドラッグストア薬剤師の年収:年収4,000,000円~7,000,000円】

となっております。

ドラッグストアの薬剤師の給料明細、ボーナス、年収モデル

あるドラッグストア(大企業)の薬剤師の給料明細(例)、年収モデルについて見てみましょう。

①月給

基本給、手当 金額
基本給 320,000
資格手当 70,000
扶養手当 10,000
通勤手当 20,000
残業手当 20,000
総支給額 440,000

②ボーナス

年間で(基本給+資格手当)の4.0ヵ月支給:390,000円×4.0ヵ月=1,560,000円

③年収モデル

年収モデル:月給390,000円×12ヵ月+年間ボーナス1,560,000=6,840,000円

 

薬剤師の給料、年収って高い?それとも低い?

薬剤師の給料、年収って高いのでしょうか?低いのでしょうか?

薬剤師の平均年収を見ると、上記の通り【5,149,000円(企業規模10人以上男女計)】となっております。

国税庁の民間給与実態統計調査によると、サラリーマン全体の平均年収は【4,204,000円(男女計)】となっております。(平成27年度調査)

サラリーマンの平均年収からすると、薬剤師の年収は【約950,000円】高いということが言えます。

しかし、大企業の平均年収は【7,000,000円~8,000,000円】が相場ですので、大企業に比べると低いということが言えます。

 

まとめ

薬剤師の年収について検証しました。

薬剤師は、比較的初任給が高いので年齢が低くても、ある程度の年収が見込まれるということ、働く職場によってピーク時の年収に差が出てくるということが言えます。

何よりもパートの時給がかなり高いので、女性の方にとって薬剤師の資格は重宝されます!

 

2017年3月9日 6:58 PM  カテゴリー: 生活

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

関連記事も見てみる?

☆「この記事が役に立ったと思ってもらえたら、↓のボタンをクリック!していただけるとうれしいです(*^^*)」
2017年3月9日 6:58 PM