トランプ大統領誕生で影響するのは日本だけ?中国、ロシアは支持している。

トランプ大統領誕生で影響するのは日本だけ?中国、ロシアは支持している。

トランプ大統領

アメリカ大統領選挙でいよいよトランプ大統領の誕生となりました。

トランプ大統領誕生で日本は安全保障の問題でかなり影響があると言われておりますが、実は中国、ロシアは支持しているそうです。

影響が大きいと焦って混乱しているのは日本だけ?のように思えますが、果たしてどうなんでしょう...。

日本が焦るのは何故?

トランプ大統領誕生で日本はどうして焦っているのでしょうか?

最も大きいのは安全保障の問題でしょう。

トランプ大統領の意図する政策の一つが、アメリカを豊かにし、アメリカの低所得層を救済することです。

アメリカ合衆国を第一主義とした外交、貿易を展開することです。

そのために、アメリカ合衆国にとって余計な費用?である日本への米軍基地の展開などを見直す考えであることが言われております。

『なぜ、アメリカが多大な軍事費を出してまで日本を守らなければいけないのか?』

『日本は安全保障の恩恵ばかり受けすぎている。』

『在日米軍の駐留経費を日本は全額負担するべきだ。』

ってとこです。

大統領になる前から、とにかく日本に対しては厳しい言葉を投げかけていたトランプ大統領です...。

トランプ大統領が当選したと言うことは、それに同調しているアメリカ人が多いってことです。

日本は安全保障の面ではアメリカ合衆国に頼り過ぎて来たのかもしれません...。

 

日本は安全保障が無くなり抑止力を失ってしまう!

安全保障が無くなると一番怖いのが日本は抑止力を失ってしまうことです。

さらに、『日本と韓国の核保有を認める』考えであることです。

それがどういうことかと言うと、『自分の身は自分で守れ!』ってことです。

今までアメリカ合衆国の核の傘に守られて来た日本は一気に抑止力を失ってしまいます。

もし他国が攻め込んで来たらどうするの?って話です。

これにより、日本の軍事政策も変わって来る可能性も無いとは言えません。

日本は無防備に近くなってしまいます...。

そこで特に怖いのが北朝鮮?ではなくて中国、ロシアでしょう。

尖閣諸島問題、北方領土問題がどうなってしまうのか...。

それだけで済まないかも...。

 

中国、ロシアはトランプ大統領を支持していた!

今やアメリカ合衆国に次ぐ軍事国家である中国、そしてロシアにとってはトランプ大統領誕生を支持していました。

トランプ大統領は、『アメリカは世界の警察にはなれない。』と発言しています。

この発言は、中国、ロシアが世界で影響力をもつ国として台頭できる時期が来たことを意味します。

アメリカ合衆国に次いで軍事力のある中国、ロシアが世界で優位に立つ権利を得たようなものですから。

中国、ロシアにとっては願ってもないことだと言えます。

今まで保たれて来た世界の秩序が一気に崩壊する可能性も有り得ます...。

 

まとめ

日本とアメリカ合衆国の関係が、これまで通りうまく行けば良いのですが...。

トランプ大統領誕生で混乱しているのは日本、韓国で中国、ロシアは願っても無いことだったようです。

 

2016年11月9日 6:36 PM  カテゴリー: トランプ大統領, ニュース

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

関連記事も見てみる?

☆「この記事が役に立ったと思ってもらえたら、↓のボタンをクリック!していただけるとうれしいです(*^^*)」
2016年11月9日 6:36 PM