鳥取県で地震。余震、本震どっち?津波、影響、被害は?

鳥取県で地震。余震、本震どっち?津波、影響、被害は?

鳥取県地震2016.10.21

出典:気象庁ホームページ

2016年10月21日午後2時7分ごろ、鳥取県中部を震源とするマグニチュード6.6の大きな地震がありました。

震源の深さは約10キロで、最大震度は震度6弱を記録しています。

地震による各地の震度は次のとおりです。

震度6弱

SPONSORED LINK

鳥取県倉吉市

湯梨浜町

北栄町

 

震度5強

鳥取県三朝町

鳥取県鳥取市

岡山県真庭市

鏡野町

 

震度5弱

鳥取県琴浦町

鳥取県日吉津村

鳥取県隠岐の島町

 

震度4

鳥取県

智頭町、八頭町、米子市、境港市、大山町、日南町、日野町、江府町

岡山県

岡山南区、岡山北区、津山市、新庄村、奈義町、倉敷市、玉野市、和気町

島根県

海士町、松江市、出雲市、安来市、大田市

京都府

与謝野町

大阪府

能勢町

兵庫県

豊岡市、姫路市、たつの市、上郡町、南あわじ市

広島県

庄原市、安芸高田市、尾道市、神石高原町、広島市中区、広島市南区、広島市安佐北区、広島市安芸区、広島市呉市、竹原市、江田島市、府中町、海田町、坂町、大崎上島町

山口県

岩国市、柳井市

香川県

高松市、さぬき市、東かがわ市、土庄町、小豆島町、観音寺市、三豊市、綾川町

愛媛県

今治市

 

地震の震源は?

震源地は鳥取県中部(北緯35.4度、東経133.9度)で、震源の深さは10キロです。

 

地震による津波は?

地震による津波の心配はありません。

 

地震は余震?それとも本震?

鳥取県中部を中心としたマグニチュード6.6の地震が起きて以降、15時までの1時間に6回発生しております。

マグニチュード4~5、いずれも最大震度3~4を記録しております。

しばらく余震が続く恐れがあると思われます。

午後2時7分に発生した地震が本震かどうかの報告は現在のところではありません。

 

本震ではない可能性も!

先日の熊本地震では、マグニチュード6.5の地震が発生した翌々日にマグニチュード7.3の本震が発生しています。

2000年の鳥取県西部地震では規模の大きな前震があった後に、さらに大きなマグニチュード7.3の本震が発生しております。

今回の地震の詳しい情報はまだ入っておりませんので、今後の地震情報に厳重に警戒が必要です。

専門家の話によると1週間は地震に警戒が必要で、マグニチュード6.0を超える地震が発生する可能性があるとのことです。

 

余震の状況

現在の余震の状況は次のとおりです。

10月21日18時30分までに53回の余震

 

10月21日18時半までに、鳥取県中部を震源とした余震が53回発生しております。

 

地震による影響、被害状況は?

地震による影響、被害状況で確認されているのは次のとおりです。

鳥取県

住宅3棟が全壊、1棟が半壊、161棟が一部損壊していると報告。

道路に亀裂が入り、20センチほどのずれを確認。

これまでに15人の負傷者を確認している。

広島県呉市

49歳の女性が負傷し、救急搬送される。

男性1人が転倒して意識不明だったが、意識が戻る。

岡山県

現在、岡山自動車道の上下線で通行止め。

 

2016年10月21日 3:44 PM  カテゴリー: 地震

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

関連記事も見てみる?

☆「この記事が役に立ったと思ってもらえたら、↓のボタンをクリック!していただけるとうれしいです(*^^*)」
2016年10月21日 3:44 PM