IQ246で執事役のディーン・フジオカが眼鏡をはずすシーンがかっこいい!

IQ246で執事役のディーン・フジオカが眼鏡をはずすシーンがかっこいい!

ディーン・フジオカ1

10月16日にスタートしたTBS連続ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿』で、あるシーンが一番かっこいいと話題になっております。

それは、執事役の『ディーン・フジオカ』が犯人と格闘前に眼鏡をはずすシーンです!

ドラマの序盤から、ただならぬ雰囲気をかもし出していた89代目・賢正ですがやはり何かがありました。

格闘前に眼鏡をはずすシーンが定番か!

SPONSORED LINK

これから先の話でも出るであろう、犯人と格闘前にディーン・フジオカが眼鏡をはずすシーンが定番となる可能性があるように思えます。

ただしそうなると、土屋太鳳が演じる和藤奏子や、山田次郎(宮尾俊太郎)、今市種子(真飛聖)の捜査一課刑事の仕事が取られてしまいます...。

そこのところ、どうなのでしょう...。

あまりにもカッコいいので、『いいとこを全部もっていったな』などと話題になっております。

 

執事にディーン・フジオカがはまり役すぎる!

ディーン・フジオカ3

犯人との格闘になると、執事の穏やかすぎる顔つきが一変して本気モードにスイッチが入るところがカッコいいですね!

ドラマの中でディーン・フジオカの表情が穏やかすぎるから、ますます本気度が伝わって来てカッコいい!

ディーン・フジオカって天才じゃないの?

犯人との格闘シーンはネット上でも絶賛されています!

ディーン・フジオカ2

 

ディーン・フジオカ1

 

 

そう言えばこのシーンどこかで...?

格闘前に眼鏡をはずすシーンを、過去にどこかで見かけたような気がします。

週刊少年チャンピオンで連載されていた『グラップラー刃牙』の極道・花山薫の格闘前のシーンにそっくりです!

そのシーンがこちら...。

刃牙・花山薫

執事・賢正はこんなにいかつくありませんが、動作的には同じだと言えます。

このシーンってなかなかハマるんですよね。

 

執事・89代目賢正とは?

沙羅駆(織田裕二)の執事・89代目賢正とはどのような人物なのでしょうか?

89代目賢正とは、沙羅駆の育ての親の息子で法門寺家に代々仕える執事のことです。

沙羅駆を守るためなら体が傷つくことも厭わず、アスリートばりの運動能力と武芸をたしなんでいるようです。

 

土屋太鳳が護衛役なのでは?

警視総監の命令を受けて、沙羅駆(織田裕二)の護衛として捜査一課から配属されたのが和藤奏子(土屋太鳳)なのですが...。

犯人との格闘シーンでは、柔道技?で投げとばそうとしたけれども逆に投げとばされる始末でした。

ドラマの中で和藤奏子(土屋太鳳)のキャラクター、位置づけもなかなか面白いものがあります。

 

まとめ

『IQ246~華麗なる事件簿~』で、ディーン・フジオカの人気が急上昇中です!

ディーン・フジオカの執事が、ドラマの中で一番はまり役でカッコいい役になること間違いなしです!

 

2016年10月19日 5:59 AM  カテゴリー: IQ246~華麗なる事件簿~, ドラマ

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

関連記事も見てみる?

☆「この記事が役に立ったと思ってもらえたら、↓のボタンをクリック!していただけるとうれしいです(*^^*)」
2016年10月19日 5:59 AM