台風21号の名前と意味、由来!フィリピン、ベトナム、香港への影響は?

台風21号の名前と意味、由来!フィリピン、ベトナム、香港への影響は?

台風

2016年台風21号が発生し、フィリピン諸島の一部を暴風域に巻き込みながら、ベトナムの方へ向かっております。

台風21号が予報どおりに進んで行ったすると、日本に与える影響は無いものと思われますが、フィリピンに上陸した後、ベトナムの方へ進んで行きますので、フィリピン、ベトナムへの影響はあるものと思われます。

中国の香港あたりはどうなのでしょうか?

気になります台風21号について見て行きたいと思います!

台風21号の名前は『サリカー』

SPONSORED LINK

台風委員会が定める台風21号の名前は『サリカー』です。

『サリカー』の意味、由来は?

それでは、『サリカー』と言う言葉の意味、由来はどこから来ているのでしょうか?

『サリカー』とは、カンボジアの言葉で『さえずる鳥』を意味します。

 

台風21号進路情報

台風21号.10.15.9.00

※出典:気象庁ホームページ

強い台風21号は10月15日正午現在、フィリピンの東にあり、1時間に15km/hの速さで北西に進んでいるものと見られます。

中心の気圧は970hp、中心付近の最大風速は35m/s、最大瞬間風速は50m/sに達する見込みです。

台風の風速25m/s以上の暴風域は全域で70km、風速15m/s以上の強風域は全域で220kmとなっております。

台風21号は、フィリピンのルソン島に上陸した後、ベトナムの方に進んで行くものと見られております。

 

台風21号はどのくらい発達する?

台風21号の勢力はどれくらい強くなるのか見て行きます。

気象庁の予報によりますと、台風21号は10月15日夜には中心気圧955hpにまで勢力を拡大する可能性があります。

その時の最大風速は40m/s、最大瞬間風速は60m/sとなっております。

ルソン島に上陸後は一度975hpまで勢力を落とし、再び海上に出た後はまた勢力を強めて行く可能性も言われております。

今後の台風情報に注意しましょう!

 

台風21号のフィリピン、ベトナム、香港への影響は?

台風21号の進路予想では、フィリピンのルソン島には10月16日に上陸する可能性が高まっております。

その後は、ベトナムの方に進んで行き、10月18日以降にベトナムに上陸する可能性があります。

中国の香港への影響は現在のところでは無いものと見られておりますが、今後の進路には注意する必要があります。

 

台風21号のフィリピンへの影響、被害情報

台風21号のフィリピンへの影響、被害状況をここでお知らせします。

10月15日

現在のところ、フィリピンへの影響、被害情報は報告されておりません。

 

台風21号のベトナムへの影響、被害情報

台風21号のベトナムへの影響、被害状況をここでお知らせします。

10月15日

現在のところ、フィリピンへの影響、被害情報は報告されておりません。

 

2016年10月15日 12:29 PM  カテゴリー: 2016台風, 台風

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

関連記事も見てみる?

☆「この記事が役に立ったと思ってもらえたら、↓のボタンをクリック!していただけるとうれしいです(*^^*)」
2016年10月15日 12:29 PM