マグニチュードの意味と最大はどれくらい?エネルギー、震度、津波との関係。

マグニチュードの意味と最大はどれくらい?エネルギー、震度、津波との関係。

阪神大震災3

地震が発生した時に、ニュース、ラジオなどで報道されるのが、揺れを観測した場所、震度、震源の場所、マグニチュード、津波の有無です。

マグニチュードの意味、地球上で起こりうるマグニチュードの最大値、地震のエネルギー、震度、津波との関係はどうなっているのでしょうか?

マグニチュードとは?

SPONSORED LINK

マグニチュードって何なのでしょうか?

ニュース、ラジオなどの報道でよく、『地震の規模を示すマグニチュードは〇〇です。』と言った言葉を耳にすると思います。

地震の規模って、地震の大きさなのですが...ちょっと分かりにくいかもしれません。

マグニチュード=エネルギー

マグニチュード=地震の規模=地震が発するエネルギー

地震の規模とは、地震そのものの大きさであり、『地震が発するエネルギー』のことです。

マグニチュードの大きさが大きいほど、地震が発するエネルギーが大きいことを示します。

 

震度とは?

では、震度とは何なのでしょうか?

そんなの言われなくても分かってるよ!って方が多いと思いますが、一応説明しておきます。

震度=揺れの大きさ

震度とは、地震によってそれぞれの場所で観測した『揺れの大きさ』のことです。

震度が大きくなるにつれて、当然揺れが大きいことを示します。

日本では、震度計で計測し、『0、1、2、3、4、5弱、5強、6弱、6強、7』の10階級で表示します。

 

マグニチュードと震度は違う!

これまでに説明した通り、マグニチュード=地震が発するエネルギー、震度=揺れの大きさ、と言うことで両者は全く異なります。

気象庁の説明にはこう書かれてあります。

※出典:気象庁ホームページ

『電球の明るさを表す値がマグニチュード、電球から離れたある場所の明るさが震度に相当します...』

地震により発生したエネルギー(マグニチュード)が、ある特定の離れた場所に到達して及ぼした揺れの大きさが震度と言うことです。

 

マグニチュードと震度の関係

『マグニチュードの数値』が大きいほど、地震の発するエネルギーが大きいのですが、だからと言って『震度の値』が大きくなることと必ずしも一致しません。

震源からの距離が離れていれば離れているほど、その場所に到達するエネルギーは小さくなるのは当然のことです。

ですので、マグニチュードが大きくても、震源から遠ければ震度は小さくなっていきます。

逆に、マグニチュードが小さくても、震源から近ければ震度は大きいことになります。

 

マグニチュードと津波

東日本大震災

マグニチュードの数値が大きければ大きいほど、震源が海底下であれば津波が発生する可能性は高くなります。

しかし、マグニチュードの大きさが大きいほど大きくな津波が発生するのかと言われると必ずしもそうではありません。

『津波地震』と言われる地震もあります。

津波の発生と規模に関係してくるのは次のとおりです。

①地震のマグニチュード

②震源の深さ(震源からの距離)

③断層の大きさ

④断層のズレの大きさ

津波地震とは?

マグニチュードの大きさが比較的小さいのに、大きな津波が発生した地震のことです。

 

マグニチュードとエネルギー

マグニチュードとエネルギーの関係はどうなっているのでしょうか?

マグニチュードの数値が大きいほど、地震が発するエネルギーが大きいと言うことなのですが、マグニチュードの数値が1上がるごとにエネルギーは32倍になります。

マグニチュードの数値が2上がると、約1000倍のエネルギーが地震により放出されたことになります。

マグニチュード1のエネルギー × 32倍 =マグニチュード2のエネルギー

マグニチュード1のエネルギー × 32倍×32倍(約1000倍)=マグニチュード3のエネルギー

マグニチュード1のエネルギー × 32倍×32倍×32倍(約33000倍)=マグニチュード4のエネルギー

と言うことになります。

ちなみに、広島の原子爆弾が放出した全エネルギーがマグニチュード5.5~6.3と言われております。

東北地方太平洋沖地震はマグニチュード9.0でしたので、広島の原爆が放出した全エネルギーの約23000倍~約590000倍という、とんでもないエネルギーが放出されたってことになります。

 

マグニチュードの最大値ってどれくらい?

地震によるマグニチュードは最大でどれくらいなのでしょうか?

マグニチュード10

地球上で起こりうる最大の地震で発生すると考えられるマグニチュードは...。

『マグニチュード10』

であると言われております。

つまり、これ以上のエネルギーを発する地震は地球上では起こらないと考えられています。

地球上で500年に一度発生するかしないかの地震であると言われております。

ちなみに、地球上で観測史上最大の地震は1960年のチリ地震で、マグニチュード9.5です。

マグニチュード11

推定ではありますが、恐竜絶滅の原因と見られている小惑星の衝突により発生したマグニチュードが...。

『マグニチュード11』

であると言われております。

マグニチュード12

ちなみに、地球が真っ二つに割れるようなことがあると仮定したとするならば、その時に発生するであろうマグニチュードは...。

『マグニチュード12』

だそうです。

 

まとめ

『マグニチュード10』以上の地震は地球上で発生するとは考えられないことで、映画などでも『マグニチュード10』以上の話が無いのですね。

1960年のチリ地震よりも大きい、マグニチュード10の地震って発生する日が来るのでしょうか?

 

2016年9月29日 10:41 AM  カテゴリー: マグニチュード, 地震

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

関連記事も見てみる?

☆「この記事が役に立ったと思ってもらえたら、↓のボタンをクリック!していただけるとうれしいです(*^^*)」
2016年9月29日 10:41 AM