台風16号進路、最新情報!大阪、愛知、東京、神奈川に影響?近畿から関東へ

台風16号進路、最新情報!大阪、愛知、東京、神奈川に影響?近畿から関東へ

台風

台風16号の進路予想が大変なことになっております。

日本列島を西日本から近畿地方を通り、関東地方を通り抜けて行きそうです!

台風16号が予報通りに進んだとしたら、人口の密集している大阪府、愛知県名古屋市、東京都、神奈川県横浜市などに影響が出る可能性が...。

台風16号進路予想、最新情報

SPONSORED LINK

ここで、台風16号の進路予想と最新情報をお届けします。

9月18日21時現在

台風16号.9.18.21.00

※出典:気象庁ホームページ

強い台風16号は9月18日21時現在の予報では、東シナ海にあり、1時間に15km/hの速さで北東に進んでいるものと見られております。

中心の気圧は950hp、中心付近の最大風速は40m/s、最大瞬間風速は60m/sに達する見込みです。

風速25m/s以上の暴風域は全域で110km、風速15m/s以上の強風域は北西側280km、南東側220kmとなっております。

台風16号は、速度を上げながら20日の午前中に西日本に接近、上陸した後、20日の夜には近畿地方に接近、上陸する可能性が高くなっております。

さらに、21日には関東地方に接近、上陸し日本列島の東の海上に抜ける見込みです。

9月19日午前6時現在

台風16号.9.19.6.00

※出典:気象庁ホームページ

非常に強い台風16号は9月19日午前6時現在の予報では、徳之島の西北西約260kmにあり、1時間に20km/hの速さで北東に進んでいるものと見られております。

中心の気圧は945hp、中心付近の最大風速は45m/s、最大瞬間風速は60m/sに達する見込みです。

風速25m/s以上の暴風域は全域で110km、風速15m/s以上の強風域は北西側330km、南東側220kmとなっております。

9月19日12時現在

台風16号.9.19.12.00

※出典:気象庁ホームページ

非常に強い台風16号は9月19日12時現在の予報では、奄美大島の北西約240kmの海上にあり、1時間に20km/hの速さで北東に進んでいるものと見られております。

中心の気圧は945hp、中心付近の最大風速は45m/s、最大瞬間風速は60m/sに達する見込みです。

風速25m/s以上の暴風域は全域で110km、風速15m/s以上の強風域は北西側330km、南東側260kmとなっております。

9月19日19時現在

台風16号.9.19.19.00

※出典:気象庁ホームページ

非常に強い台風16号は9月19日19時現在の予報では、屋久島の西約140kmの海上にあり、1時間に30km/hの速さで東北東に進んでいるものと見られております。

中心の気圧は945hp、中心付近の最大風速は45m/s、最大瞬間風速は60m/sに達する見込みです。

風速25m/s以上の暴風域は全域で110km、風速15m/s以上の強風域は北西側330km、南東側260kmとなっております。

台風が予報通り進めば、大阪府に最も接近するのは20日の夕方ごろの可能性があります。

9月20日午前7時現在

台風16号.9.20.7.00

※出典:気象庁ホームページ

非常に強い台風16号は9月20日午前7時現在の予報では、足摺岬の南南西約40kmの海上にあり、1時間に35km/hの速さで東北東に進んでいるものと見られております。

中心の気圧は960hp、中心付近の最大風速は40m/s、最大瞬間風速は55m/sに達する見込みです。

風速25m/s以上の暴風域は全域で110km、風速15m/s以上の強風域は北西側440km、南東側280kmとなっております。

台風が予報通り進めば、大阪府に最も接近するのは20日午後の可能性があります。

9月20日13時現在

台風16号.9.20.13.00

※出典:気象庁ホームページ

非常に強い台風16号は9月20日13時現在の予報では、田辺市の西約30kmにあり、1時間に45km/hの速さで東北東に進んでいるものと見られております。

中心の気圧は975hp、中心付近の最大風速は35m/s、最大瞬間風速は50m/sに達する見込みです。

風速25m/s以上の暴風域は全域で90km、風速15m/s以上の強風域は北西側440km、南東側280kmとなっております。

9月20日15時現在

台風16号.9.20.15.00

※出典:気象庁ホームページ

非常に強い台風16号は9月20日15時現在の予報では、尾鷲市付近にあり、1時間に50km/hの速さで東北東に進んでいるものと見られております。

中心の気圧は985hp、中心付近の最大風速は25m/s、最大瞬間風速は35m/sに達する見込みです。

風速25m/s以上の暴風域は無くなり、風速15m/s以上の強風域は北西側440km、南東側280kmとなっております。

 

台風16号の大阪府接近時の強さ

9月18日現在の予報通りに台風が進めば、台風16号が大阪府に最も接近するのは9月20日午後だと見られております。

9月20日午後以降の台風16号の中心気圧は975hp~990hpであると考えられます。

その時点での最大風速は35m/s、最大瞬間風速は50m/sに達する見込みです。

 

台風16号の名古屋接近時の強さ

9月18日現在の予報通りに台風が進めば、台風16号が愛知県名古屋市に最も接近するのは9月20日の夜だと予想されます。

9月20日21時以降の台風16号の中心気圧は985hp~990hpであると考えられます。

その時点での最大風速は30m/s、最大瞬間風速は40m/sに達する見込みです。

 

台風16号の東京、神奈川接近時の強さ

9月18日現在の予報通りに台風が進めば、台風16号が東京都、神奈川県に最も接近するのは9月20日夜だと予想されます。

9月20日夜の台風16号の中心気圧は1000hp前後であると考えられます。

その時点での最大風速は18~25m/s、最大瞬間風速は25~30m/sに達する見込みです。

 

台風16号が温帯低気圧に変わるのはいつ?

台風16号が温帯低気圧に変わるのは、予報では9月21日12時の時点では温帯低気圧に変わっていると予想されております。

それよりも早く温帯低気圧に変わる可能性がありますので、関東接近時には温帯低気圧に変わっている可能性もあります。

 

台風16号の影響で九州各地で記録的な大雨

九州南部の各地で1時間当たりの雨量が100ミリ以上などの猛烈な雨を観測しております。

 

鹿児島県南九州市で1時間に159ミリの猛烈な雨!

鹿児島県南九州市で日本観測史上初となる、159ミリと言う猛烈な雨を記録しています。

台風16号がもたらす雨量が尋常では無いので厳重に警戒が必要です。

 

台風16号による被害状況

ここでは、台風16号による被害状況をお知らせします。

9月18日現在

現在、台風16号による被害情報は報告されておりません。

9月19日現在

現在、台風16号による被害情報は報告されておりません。

9月20日現在

九州6地点で降水量が観測史上1位との報告。

鹿児島県、宮崎県の各地で河川の氾濫、浸水、冠水、住宅倒壊、土砂崩れなどの被害が相次いで報告。

高知県で土砂が崩れ、住宅に土砂が流れ込んだとの報告。

徳島県で大雨による冠水被害の報告。

徳島県で冠水した道路に車が水没しているのを、通行人が発見。中から60代の女性が発見されたが意識不明の重体。

兵庫県で、増水した川に6歳の男の子が流され行方不明。

愛知県で増水した川に男性が流され行方不明。

 

2016年9月18日 11:16 PM  カテゴリー: 2016台風, 台風

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

関連記事も見てみる?

☆「この記事が役に立ったと思ってもらえたら、↓のボタンをクリック!していただけるとうれしいです(*^^*)」
2016年9月18日 11:16 PM