台風14号『ムーランティ』進路。台湾、ルソン島の間を通りマカオ、香港に!

台風14号『ムーランティ』進路。台湾、ルソン島の間を通りマカオ、香港に!

台風

台風14号が発生しましたが、進路は日本列島本島には向かっておりません。

進路予想は、台湾とフィリピンのルソン島の間を通り、中国のマカオ、香港の方に向かう可能性が出て来ております。

それでは、台風14号の名前、今後の進路、強さ(勢力)について見て行きます。

台風14号の名前は?

SPONSORED LINK

台風委員会が定める台風14号の名前は『ムーランティ』です。

ムーランティの意味

『ムーランティ』の意味は、マレーシアの言葉で『木の名前』を意味します。

 

台風14号情報

ここで、台風14号の情報を日ごとにお伝えして行きます。

9月11日午前9時現在

台風14号.9.11.9.00

※出典:気象庁ホームページ

台風14号は9月11日午前9時現在、フィリピンの東にあり、1時間に20km/hの速さで西北西に進んでおります。

中心の気圧は980hpで、最大風速は30m/s、中心付近の最大風速は40m/sとなっております。

風速25m/s以上の暴風域は全域で90km、風速15m/s以上の強風域は全域で220kmとなっております。

台風14号は、今後勢力を強めながら中国(東アジア)の方に向かう可能性が出て来ております。

 

台風14号は台湾、ルソン島の間を通る?

台風14号.1

台風14号が予報通りの進路で進んだ場合に、勢力を強めながら9月14日に台湾とフィリピンのルソン島に接近し、間を抜けて行く可能性があります。

台湾、ルソン島では厳重な警戒が必要です。

台風14号はマカオ、香港に!

台風14号は、台湾、ルソン島の間を抜けて中国(東アジア)に向かう可能性もあります。

 

台風14号はどれくらいの強さに発達する?

台風14号は勢力を強めながら進んで行きますが、どれくらいの強さ、勢力になって行くのでしょうか?

930hpに発達する可能性

台風14号の9月11日午前9時の予報を見てみると、9月14日午前9時には暴風域を全域で440kmまで拡大し、930hpまで発達し非常に強い台風になる可能性があります。

その時点での、最大風速は45m/s、最大週間風速は65m/sとなっております。

ちょうど台湾とルソン島の間にある時には、930hpまで発達します。

930hp以上に勢力拡大の可能性も

9月11日午前9時の段階での予報ですので9月14日以降にはそれ以上に勢力を拡大し、猛烈な台風になる可能性もあります。

 

台風14号が915hpの猛烈な台風になる!

9月12日の気象庁の予報では、台風14号は9月13日には中心気圧915hpの猛烈な台風に発達すると出ております。

その時の台風14号の最大風速は55m/s、最大瞬間風速は75m/sに達する見込みです。

 

台風14号905hpの猛烈な台風に!

台風14号.9.13.6.00

出典:気象庁ホームページ

猛烈な台風14号は9月13日午前6時現在、フィリピンの東の海上を1時間に25km/hの速さで西北西に進んでいるものと見られます。

中心の気圧は905hp、中心付近の最大風速は60m/s、最大瞬間風速は85m/sに達する見込みです。

 

台風の強さ、大きさの識別

気象庁が定める台風の強さ、大きさの識別がどのようになっているのか紹介します。

台風の強さ

※出典:気象庁ホームページ

階級 最大風速
強い 33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満
非常に強い 44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
猛烈な 54m/s(105ノット)以上

台風の大きさ

※出典:気象庁ホームページ

階級 風速15m/s以上の半径
大型(大きい) 500km以上~800km未満
超大型(非常に大きい) 800km以上

 

台風15号、台風16号最新情報!

台風が3個になりました。

台風15号、台風16号が発生しましたので最新情報をお届けします!

台風情報最新

 

2016年9月11日 11:08 AM  カテゴリー: 2016台風, 台風

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

関連記事も見てみる?

☆「この記事が役に立ったと思ってもらえたら、↓のボタンをクリック!していただけるとうれしいです(*^^*)」
2016年9月11日 11:08 AM