台風13号が異常!大雨の危険性?台風になった途端に猛スピードで直進!

台風13号が異常!大雨の危険性?台風になった途端に猛スピードで直進!

台風

2016年台風13号の情報、進路予想をお届けします!

台風13号の名前、強さ、現在地についてもお知らせします。

その前に...何かおかしいですよ...台風13号も。

発生した途端に速度を上げて、ほぼ直進しそうですけど。

台風13号の名前は?

SPONSORED LINK

台風委員会が命名する台風13号の名前は『マーロウ』です。

『マーロウ』の意味

マカオの言葉で『瑪瑙(めのう)』を意味します。

瑪瑙(めのう)とは、縞模様(しまもよう)状の鉱物で彫刻材料などに用いられます。

 

台風13号情報、進路予想、現在地

台風13号の情報、進路予想をお知らせします。

9月6日午前9時

台風13号.9.6

※気象庁より引用

台風13号は9月6日現在、宮古島の北北西約90kmの海上にあって、ゆっくりとした速度で北東に進んでいます。

中心の気圧は1002hp、中心付近の最大風速は18m/s、最大瞬間風速は25m/sとなっております。

暴風域はなく、強風域は東側170km、西側130kmとなっております。

台風は、予報では日本列島の南を沿うように北上した後、関東、東北、北海道のどこかに上陸する可能性もありますので、厳重に警戒が必要と見られます。

9月6日午後3時

台風13号.9.6.15.00

台風13号は9月6日午後3時現在、那覇市の北西約130kmの海上にあって、25km/hの速さで北東に進んでいます。

中心の気圧は1000hp、中心付近の最大風速は20m/s、最大瞬間風速は30m/sとなっております。

暴風域はなく、強風域は南東側280km、北西側170kmとなっております。

9月6日午前6時

台風13号.9.7.6.00

台風13号は9月7日午前6時現在、屋久島の南西約150kmの海上にあって、20km/hの速さで北東に進んでいます。

中心の気圧は1000hp、中心付近の最大風速は20m/s、最大瞬間風速は30m/sとなっております。

暴風域はなく、強風域は南東側220km、北西側110kmとなっております。

 

台風13号は大雨の危険性?

天気図.9.6

※気象庁より引用

台風13号は、東西にある高気圧の間を通り、前線に沿うように進んで行くため、前線を刺激し各地に大雨をもたらす可能性があります。

温かく湿った空気が日本列島の南から入って来るので、大雨に注意が必要です。

 

台風13号もまた異常

台風13号.9.6

台風が発生した途端に、スピードを上げながらほぼ直進する台風もめずらしいと言えます。

2016年の台風は、台風9号は11年ぶりに関東に上陸し、台風10号は史上初の進路で東北地方の太平洋側から上陸しました。

今度の台風13号にいたっても、何かがおかしい...。

明らかに異常気象だと言えます。

 

台風13号が温帯低気圧に!

台風13号が8日には温帯低気圧に変わるようですが、さらなる注意が必要です。

台風13号 温帯低気圧

 

台風13号上陸予想位置

ここでは、台風13号の日本列島への上陸位置の予想を日ごとに見て行きます。

9月6日

現在、近畿、関東、東北、北海道に上陸する可能性があります。

 

台風13号により発表された警報

ここでは、台風13号により発表された警報をお知らせします。

9月6日

現在、台風13号により発表された警報はありません。

 

台風13号により発表された特別警報

ここでは、台風13号により発表された特別警報をお知らせします。

9月6日

現在、台風13号により発表された特別警報はありません。

 

台風13号により報告された被害情報

ここでは、台風13号により発表された被害情報をお知らせします。

9月6日

現在、台風13号により発表された被害情報はありません。

 

まとめ

台風10号で北日本は記録的な大雨が降り、地盤がゆるんでおりますので十分に注意しましょう。

身の危険を感じたら直ちに避難しましょう。

 

2016年9月6日 11:38 AM  カテゴリー: 2016台風, 台風

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

関連記事も見てみる?

☆「この記事が役に立ったと思ってもらえたら、↓のボタンをクリック!していただけるとうれしいです(*^^*)」
2016年9月6日 11:38 AM