ディーラーの年収、給料、退職金ってどれくらい?営業、整備士、事務の本音

ディーラーの年収、給料、退職金ってどれくらい?営業、整備士、事務の本音

Asian Car Salesman selling auto to customer

カーディーラー、自動車ディーラーの年収、月々の給料、退職金ってどれくらいなんだろう?

『いい給料もらってるんだろうな』って思ってる方も多いと思います。

実際に最大手のディーラーで営業マンとして勤務していた経験のある私が、実体験と職場で聞いた本音をもとに真実をお話します!

ディーラーの年収、給料は?

SPONSORED LINK

ディーラーの年収、給料ってどれくらい?って聞かれると一概にいくらとは言えませんが、一般的には平社員で300万~500万円、管理職で500万~700万円くらいが相場となっています。

部長クラス、役員クラスになると、800万~1500万円と言ったところです。(各ディーラーにより異なる。)

まず、給与体系はどうなっているのか説明します。

月給制

給料はほとんどが月給制で、日給制でも日給月給制でもありません。

ほんの一部ですが、日給月給制を採用している会社もあるようです。

日給は、その名の通り出勤した日数分だけ給料を支給する制度です。

日給月給とは、欠勤、遅刻、早退があった場合に給料からその分を差し引ける制度です。

月給制とは、欠勤、遅刻、早退があっても決められた給料を支給する制度です。

月給制ですので安心です。

昇給はあるの?

年1回の昇給はあります。

¥2,000~¥5,000ずつ基本給が上がっていきます。

 

営業の給料構成は?

お金

月給を決める給料の構成は次の通りです。

基本給

基本給は、年齢により異なります。

私が22歳で入社した当時は、基本給158,000円スタートでした...(悲)

昇給して基本給が上がって行くと、ボーナスも上がっていきます。

営業手当(みなし残業手当)

営業手当は、一律で¥25,000で

営業手当は、みなし残業手当とも言われていました。した。

勤務時間の定時9:00~17:40で、19:00までの残業代もこれに含まれることを意味します。

役職手当

管理職になると別に役職手当がつきます。

【役職手当の例】

主任:¥5,000

係長:¥7,000

課長:¥35,000

店長:¥50,000

部長:¥80,000

※課長クラス以上は営業手当は支給されません。

住・通勤手当

住宅手当と通勤手当が一緒になっていて一律で¥10,000でした。

家族手当

家族手当は次の通りです。

配偶者手当:¥7,000

扶養手当:¥3,500

ボーナス

ボーナスが、年に2回支給されます。

7月(夏のボーナス):基本給、営業手当、役職手当合計の2ヵ月分

12月(冬のボーナス):基本給、営業手当、役職手当合計の2.2ヵ月分

販売奨励金(歩合給)

営業には、販売奨励金と言うものがあります。

販売奨励金は、新車目標台数達成、中古車利益、車検台数、点検台数、ローン金利、保険金額、クレジットカード獲得に対して、それぞれ歩合給が付きます。

新車目標台数達成:目標台数×¥5,000

中古車利益:¥100,000につき¥1,000

ローン金利:自社ローン利息(金額)×1%(¥100,000であれば¥1,000)

車検台数:車検獲得台数×¥500

点検台数:点検獲得台数(12ヵ月定期点検のみ)×¥200

保険金額:保険金額×3%(¥100,000上げれば¥3,000)

クレジットカード獲得:クレジットカード1件×¥500

合計で平均して¥20,000~¥100,000くらいでした。

営業の給料明細例

営業の一般的な給料明細例をあげときます。

Ⅰ.初任給(未婚)

基本給 営業手当 役職手当 住通勤手当 家族手当 販売奨励金
150,000 25,000 0 10,000 25,000
支給総額
210,000

Ⅱ.40歳課長級(妻:扶養、子供:2人)

基本給 営業手当 役職手当 住通勤手当 家族手当 販売奨励金
233,000 0 35,000 10,000 14,000 60,000
支給総額
352,000

 

営業の年収モデル

上記の営業の給料明細例から、年収モデルを計算してみます。

Ⅰ.初任給(未婚)

月給:(150,000+25,000+10,000+25,000)×12ヵ月=¥2,520,000

ボーナス夏:175,000×2=¥350,000

ボーナス冬:175,000×2.2=¥385,000

年収:2,520,000+350,000+385,000=¥3,255,000

Ⅰ.40歳課長級

月給:(233,000+35,000+10,000+14,000+60,000)×12ヵ月=¥4,224,000

ボーナス夏:268,000×2=¥536,000

ボーナス冬:268,000×2.2=¥589,600

年収:4,224,000+536,000+589,600=¥5,349,600

と言うことになります。

 

整備士の給料構成は?

整備士になると、営業手当の代わりに残業手当が支給されます。

基本給、役職手当、住通勤手当、家族手当は営業と変わりません。

残業手当

残業手当は19時以降は基本的にカットです。

また、課長級も残業手当はカットです。

月平均で40時間~80時間の残業がありますが、支給される残業代は25時間くらいまでです。

残業は、時給換算で、時給×1.25倍の金額になります。

1時間当たりの金額にすると、¥1,019~¥1,775になります。

月に支給される残業代は、¥30,000~¥50,000が平均です。

資格手当

整備士は技術職である為、各ディーラー社内での資格により、手当が別途支給されます。

【資格手当例】

〇〇技術検定1級:¥10,000

〇〇技術検定2級:¥6,000

〇〇技術検定3級:¥4,000

と言うような形で支給されます。

ボーナス

ボーナスが、年に2回支給されます。

7月(夏のボーナス):基本給、資格手当、役職手当合計の2ヵ月分

12月(冬のボーナス):基本給、資格手当、役職手当合計の2.2ヵ月分

整備士の給料明細例

整備士の一般的な給料明細例をあげときます。

Ⅰ.初任給(未婚)

基本給 残業手当 役職手当 資格手当 家族手当 住通勤手当
150,000 30000 0 0 10,000
支給総額
190,000

Ⅱ.40歳課長級・1級資格(妻:扶養、子供:2人)

基本給 残業手当 役職手当 資格手当 家族手当 住通勤手当
233,000 0 35,000 10,000  14,000 10,000
支給総額
302,000

 

整備士の年収モデル

上記の整備士の給料明細例から、年収モデルを計算してみます。

Ⅰ.初任給(未婚)

月給:(150,000+30,000+10,000)×12ヵ月=¥2,280,000

ボーナス夏:150,000×2=¥300,000

ボーナス冬:150,000×2.2=¥330,000

年収:2,280,000+300,000+330,000=¥2,910,000

Ⅰ.40歳課長級

月給:(233,000+35,000+10,000+14,000+10,000)×12ヵ月=¥3,624,000

ボーナス夏:278,000×2=¥556,000

ボーナス冬:278,000×2.2=¥611,600

年収:3,624,000+556,000+611,600=¥4,791,600

と言うことになります。

 

営業が整備士よりも年収が高い!

営業の方が、整備士よりも年収は高いです。

その代わり、いろいろと精神的な負担もあります。

お客様からの苦情、売れない時の苦悩、上司からの風当たりははるかに過酷です!

 

事務の年収はどれくらい?

紹介

ディーラーの事務に関しては、ほとんどが契約社員になっております。

給料構成は、基本給、残業手当、家族手当、住通勤手当の4つでの構成になります。

昇給は無く、ボーナスも全額支給ではありません。

ボーナス

ボーナスが、年に2回支給されます。

7月(夏のボーナス):基本給の1ヵ月分

12月(冬のボーナス):基本給の1ヵ月分

事務の給料明細例

事務職の一般的な給料明細例をあげときます。

Ⅰ.30歳(既婚)

基本給 残業手当 役職手当 資格手当 家族手当 住通勤手当
168,000 0 0 0  0 10,000
支給総額
178,000

事務の年収モデル

上記の営業の給料明細例から、年収モデルを計算してみます。

Ⅰ.30歳既婚

月給:(168,000+10,000)×12ヵ月=¥2,136,000

ボーナス夏:168,000×1=¥168,000

ボーナス冬:168,000×1=¥168,000

年収:2,136,000+168,000+168,000=¥2,472,000

と言うことになります。

 

ディーラーの退職金は?

ディーラーの退職金ってどれくらいなのでしょうか?

実際に、聞いた話、あるいは実体験をもとに、勤務年数ごとに支給された退職金例を紹介します!

5年:¥300,000

10年:¥800,000

15年:¥1,500,000

20年:¥2,500,000

25年:¥4,000,000

30年:¥6,000,000

35年:¥8,500,000

40年:¥11,500,000

と、なっているようです。

しかし、退職金は各ディーラーでかなり開きがあります。

 

55歳以上は給料カットで減給!

ほとんどのディーラーで採用されているのが、55歳以上になると給料がカットされ減給してしまうことです。

55歳以上になると、これまでと同等の働きが見込めないと言った考えから、『基本給20%カット』が採用されているディーラーも多いようです。

その時点で基本給¥280,000とすると、『280,000×0.8=¥224,000』。

月々の給料がなんと¥56,000もカットされてしまうのです!

ちなみに、管理職は給料カットはありません。

 

メーカーとディーラーは待遇が全然違う!

各ディーラーでもっともお話したい真実は、メーカー(製造側)とディーラー(販売店側)で会社が全く別ものであることです。

メーカーの年収は、平均でも平社員で600万~1000万になります!

休日も、ディーラーが90日~110日であるのに対して、メーカーは120日以上!

それが現実です。

ディーラーの仕事と環境については次のブログで!

ディーラー とは

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ディーラーの年収が実際にいくらくらいなのか知りたい方も多いと思います。

今回、実体験をもとに本当のところをお話ししました。

各ディーラーに勤務している方々、皆さんの年収は私の話より多いですか?少ないですか?

何かのお役に立てれば幸いだと思います。

 

薬剤師の年収、退職金についても解説!

薬剤師の年収、退職金についても調査してみました!

薬剤師の年収

 

2016年8月30日 12:13 PM  カテゴリー: 生活

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

関連記事も見てみる?

☆「この記事が役に立ったと思ってもらえたら、↓のボタンをクリック!していただけるとうれしいです(*^^*)」
2016年8月30日 12:13 PM