2020年東京オリンピックの選手村がすごい!|場所は晴海(地図あり)

2020年東京オリンピックの選手村がすごい!|場所は晴海(地図あり)

2016年『リオオリンピック・パラリンピック』の開催が、現地時間8月5日【日本時間8月6日(土)】と迫っている中、2020年開催の『東京オリンピック』も気になるところです。

今回は、2020年『東京オリンピック』の選手村に焦点を当てて、ご紹介します!

選手村の場所、地図

SPONSORED LINK

東京オリンピックの選手村は、東京都中央区晴海5丁目の地内に計画されております。

計画されている選手村の土地は、東京都が所有しており、選手の宿泊施設になる住宅棟は、選手が使用した後は住居等に生まれ変わる計画となっています。

東京圏にある33の競技会場のうち、28会場が半径8km圏内に位置し、その中心に選手村は位置します。

計画されている選手村の場所、地図は以下の通りです。

 

晴海に計画する理由は?

選手村が計画されている晴海5丁目に位置する晴海埠頭は、東京の主要な海の玄関口です。

選手村を計画する場所としては、利便性などが最高に優れ、輸送に優れた場所でなければなりません。

そして、東京のエンターテイメントの中心地や繁華街にも近接しております。

選手村の位置づけ

 

選手村はどうなる?

2020東京オリンピック選手村1

それでは、気になります選手村の構想はどうなっているのでしょうか?

選手村は、2020年東京オリンピックで世界中から集まる全ての選手達にとって中心の場となります。

それは、選手達が穏やかにくつろげる場所、静かで安全な場所、競技に向かう準備の場所、世界中の選手達が交流を深める場所であります。

選手第一主義

22020東京オリンピック選手村2

東京オリンピックの選手村は、選手第一主義の理念に基づいて、利便性、安全性、快適性など全てにおいて最高のサービス水準を満たす必要があります。

革新的な技術に日本の伝統的な様式を調和させた最高の形で、選手村の設計、建設は行われます。

そして、大会期間中の選手村の運営効率を最大限に引き出すため、あらゆる観点から考えて緻密に計画されます。

 

東京オリンピック終了後の選手村は?

2020東京オリンピック選手村3

選手村は、都民と国民にとって永続的な遺産になるとともに、環境やエネルギーを多方面から考慮した持続可能な取組みがなされ、世界中の人々にとって持続可能な都市居住の模範となる様に計画されております。

そして、東京オリンピック終了後も様々な人々が集い、交流し、発展、発信していく国際的な交流拠点となる様に計画されております。

 

最後に

東京オリンピックの選手村は、大会期間中は世界中の選手達にとって最高水準のサービス提供の場になり、大会終了後にも、日本中または世界中の人々の交流の場となるよう計画されております。

選手村の機能性を、東京オリンピック期間中も、終了後にも、持続的に最大限に引き出せるように、これ以上ないってくらい緻密に計画されているのがすごいです!

 

2016年7月29日 7:49 PM  カテゴリー: ニュース, 東京オリンピック

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

関連記事も見てみる?

☆「この記事が役に立ったと思ってもらえたら、↓のボタンをクリック!していただけるとうれしいです(*^^*)」
2016年7月29日 7:49 PM