皇室の家系図から見る次の皇太子は?|平成天皇(今上天皇)が生前退位の意向

皇室の家系図から見る次の皇太子は?|平成天皇(今上天皇)が生前退位の意向

平成天皇(今上天皇)が生前退位の意向を示されていることで騒がれておりますが、皇位継承で天皇は徳仁親王に継承されるとして、次の皇太子は誰が継承するのか気になります。

 

次期皇太子は?

皇室家系図1

※宮内庁より引用

皇室典範(皇位継承及び摂政に関する事項を中心に定めた、皇室に関する法律)の第一条に書いてあります。

『皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。』

皇室の構成図から見る、皇位継承順位はどうなっているのでしょうか?

皇位継承順位

第一位:皇太子さま(徳仁親王)

第二位:秋篠宮さま(文仁親王)

第三位:悠仁親王

第一条によるとこのようになります。

実際には、愛子内親王が継承することになるはずなのですが、第一条で男子が継承すると定められております。

皇室継承順位から見ると、次期皇太子は悠仁親王と言うことになるのでしょうか?

 

皇室典範改正は無いの?

悠仁親王誕生までに、皇室では継承問題をめぐる動きがあったそうです。

やむを得ず、皇室典範を改正し、女子が皇位継承することを容認する方針を定めることも考えられていたそうです。

しかしながら、日本の天皇の歴史では、初代の神武天皇から現在の今上天皇まで例外なく『男系』が継いで来ています。

寛仁親王もそのようにお話しております。

皇室の歴史を覆すことは何よりも難しいのかもしれません。

悠仁親王が誕生なさったから、まだ事が済んでおりますが、今後また起こり得ることではあります。

 

2016年7月14日 4:54 PM  カテゴリー: ニュース

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

関連記事も見てみる?

☆「この記事が役に立ったと思ってもらえたら、↓のボタンをクリック!していただけるとうれしいです(*^^*)」
2016年7月14日 4:54 PM