セブンイレブンが沖縄に無い理由|2~3年後に沖縄進出決定か!

セブンイレブンが沖縄に無い理由|2~3年後に沖縄進出決定か!

 

セブンイレブン

国内最大手のコンビニエンスストア『セブンイレブン』はどうして沖縄には無いのでしょうか?

今回、ついに2~3年後に目標を定め、沖縄進出することになりそうです!

 

セブンイレブンはなぜ沖縄には無いの?

そもそも沖縄にはなぜセブンイレブンが無いのでしょうか?

セブンイレブンは2015年10月に鳥取県に店舗を出して、残る場所はいよいよ沖縄県だけとなりました。

沖縄県は離島と言うことも有り、やはり大きなネックは流通、物流、それから採算性の様です。

あと、沖縄県はファミリーマートとローソンが強いことです!

 

沖縄県のコンビニ別店舗数

沖縄県のコンビニ別の店舗数は、2016年現在は次の表の通りです。

コンビニ 店舗数
ファミリーマート 269
ローソン 191
ココストア 42

ファミリーマートとココストアは経営統合に伴い300店舗以上に達する見込みです。

ローソンも現在191店舗ですが、2016年内に200店舗に拡大する予定です。

ファミリーマートとローソンが沖縄県では鎬を削っている状況なのですが、セブンイレブンの進出でさらに競争は激化することでしょう!

ファミリーマートとローソンは、セブンイレブン進出に備え、沖縄県でがっちり防御態勢を整えるに違いありません!

まさに戦…

 

セブンイレブンが沖縄県の企業に交渉

 

セブンイレブンは、沖縄県の企業にフランチャイズ契約の交渉を進めている段階です。

セブンイレブンが求める企業は、商品の品質確保と安定供給、しっかり責任を果たしてくれる企業を求めているようです。

消費者目線の考え方が、さすがは国内最大手のコンビニエンスストア『セブンイレブン』だと思います!

 

沖縄進出が早まる可能性は?

進めている沖縄県の企業との交渉がまとまり、流通や惣菜などの製造体制が整えば、進出が早めることは出来るのかもしれません。

しかしながら大企業ですので、全てがきちんと整うのが2~3年後だと計画を立てた上で、今回報道したのだと思います。

ですからどんなに早くても、セブンイレブンの沖縄県進出は2年後になるのではないでしょうか?

 

2016年6月29日 7:48 PM  カテゴリー: ニュース

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

関連記事も見てみる?

☆「この記事が役に立ったと思ってもらえたら、↓のボタンをクリック!していただけるとうれしいです(*^^*)」
2016年6月29日 7:48 PM