英国EU離脱でポンドが大暴落!為替は危険|キャメロン首相も辞意を表明

英国EU離脱でポンドが大暴落!為替は危険|キャメロン首相も辞意を表明

ショック

英国が、EU国民投票で離脱が決定したことで、ポンドが大暴落しました。

 

為替は危険

今回のポンドの大暴落は、リーマンショック以来の下げ幅を記録しました。

今日1日のポンドの相場は国民投票締め切り後の世論調査では、EU残留派が優勢との結果が相次いだことを受け、一時対円で160円を超えました。

しかしながら、EU離脱が決定し、大暴落。

対円で、133円近くまで暴落しました。

1日で27円為替相場が動くのは、かなりヤバい状況です...。

この史上最大級の変動に、世界経済が大きく揺れ動く事態となっています。

 

日経平均株価も大暴落

24日の日経平均株価の終値は、14952円02銭と1286円33銭大暴落し、約1年8カ月ぶりの安値を記録しました。

下げ幅は、何と過去8番目だそうです...非常事態

 

リーマンショックの株価はどうだったのか?

2008年9月15日にアメリカ合衆国のリーマン・ブラザーズが破綻したことを受けて、世界的な金融危機をもたらしたリーマンショック。

当時の日経平均株価は、9月12日時点では終値が12214円、10月28日時点では6994円90銭まで大暴落しています。

 

キャメロン首相も辞意を表明

英国のEU離脱が決定したことを受けて、自らがEU残留派を支持していたキャメロン英首相は日本時間午後4時過ぎに辞意を表明しました。

今年10月の保守党の大会までに辞職する考えを述べました。

 

G7が緊急会議

アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、日本の先進国『G7』は、緊急の電話会議を開く方向で調整に入りました。

市場の混乱回避に向け、共同声明を出す見通しです。

 

とりあえず落ち着きましょう

このような大変なことばかり言っても、混乱を招くだけですので、とりあえず落ち着いて、市場の動向を見て行くことにしましょう。

 

2016年6月24日 8:43 PM  カテゴリー: ニュース

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

関連記事も見てみる?

☆「この記事が役に立ったと思ってもらえたら、↓のボタンをクリック!していただけるとうれしいです(*^^*)」
2016年6月24日 8:43 PM