『焼き小枝』!森永製菓から期間限定で登場

『焼き小枝』!森永製菓から期間限定で登場

森永製菓人気のチョコレート『小枝』の45周年を記念して、期間限定で『焼き小枝』が発売されるそうです!

 

『焼き小枝』とは?

焼き小枝

 

誰もが耳にしたことがある、または食べたことがあるチョコレート『小枝』に、独自の焼き技術が加えられて『焼き小枝』として登場するそうです!

 

発売日は?

発売日は2016年7月5日です。

 

期間は?

期間は2016年7月5日~8月末です。

短期間ですが、およそ2カ月間の限定販売となります。

 

ここがポイント!

誰もが知っている『小枝』のサクサク感が、森永製菓独自の焼きチョコ技術によりザクザク感になるそうです!

おそらく、焼くことにより『小枝』の歯ごたえがさらに増して登場することが予想されます!

あの歯応え感はたまらないですよね~。

絶対に美味しいと思います!

 

『小枝』の歴史

森永小枝《初代》

森永『小枝』チョコレートが最初に発売されたのは、今回が45周年ですから1971年(昭和46年)と言うことになります。

ですから、『小枝』をこよなく愛する方で、『小枝』が誕生した時点で、まだこの世に生を受けていない方も少なくないと思います。

45年と言う長い年月を、時代に負けずに走り続けて来た『小枝』は、森永製菓の製造するチョコレートの中でも主力と言えるのではないでしょうか?

 

2001年に30周年

小枝30周年

2001年に『小枝』30周年記念として、30周年マークが加刷されたパッケージで登場しています。

 

2010年に40周年

小枝40周年

2010年には、『小枝』40周年記念としてパッケージのデザインが変更されています。

 

森永製菓の歴史

森永製菓株式会社

森永製菓は1899(明治32)年8月15日に、創業者であります『森永太一郎』が、森永西洋菓子製造所として創業を開始します。

当時、わずか2坪の広さの工場で、日本に西洋菓子を普及させると言う思いで始めたそうです。

今から約117年前のことです。

1910(明治43)年2月23日には、株式会社森永商店として会社設立します。

1912(大正元)年11月に、森永製菓株式会社に改称します。

そして、1914(大正3)年にポケット用キャラメルであります、有名すぎるほど有名な『森永ミルクキャラメル』が発売されます。

それから時を経て、1943(昭和18)年11月に、森永食糧工業株式会社に改称します。

そして、1949(昭和24)年10月に森永製菓株式会社に復称し、現在に至ります。

森永製菓の歴史は長く、明治時代から平成時代の現在まで、日本のお菓子に数々のヒット商品を生み出して来ました。

日本が誇るお菓子メーカーです!

 

まとめ

長い歴史を歩んできた、わが国日本が誇るお菓子のスペシャリスト森永製菓。

森永製菓がお届けするヒット商品『小枝』から、45周年を記念して期間限定で発売する『焼き小枝』に期待が高まります!

 

2016年6月22日 3:41 PM  カテゴリー: ニュース

SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

関連記事も見てみる?

☆「この記事が役に立ったと思ってもらえたら、↓のボタンをクリック!していただけるとうれしいです(*^^*)」
2016年6月22日 3:41 PM